ムダ毛のコンプレックスで人生は変わると子供ながらに実感

私は元来全身毛深く、小学校高学年くらいからムダ毛に悩まされてました。
特に手や足など見えるところの毛がすごく目立つので、中学生の頃剃刀による処理を一時期行っていましたが、処理の仕方を知らなかった私は、みるみるうちに肌が荒れ出来なくなってしまうほどになってしまいました。
しかもより毛が濃くなってしまい、男並みのムダ毛になってしまいました。

追い打ちをかけるように、その肌の状態を知った母親がムダ毛処理禁止と言ってきたのです。
当時とても恐かった母親に何も言う事ができず、ムダ毛を伸ばす生活が始まりました。
当然多感な時期ですので、友達等から陰口を叩かれるようになり辛かったです。
中学から高校入学を経ていたので、他校からきた友達はこんな人がいるのかとびっくりしたと思います。
幸い優しい友達がいたので、友には当時は困りませんでした。しかし毎年のように友達が変わり、今まで続いている子はほとんどおらず、続いている子を羨ましく思います。

ムダ毛の点が私の人生を左右しているなあと思うと、あの時ムダ毛処理がうまくできたらなあと思うところです。

⇒女子のムダ毛処理、やっていいこと、ダメなこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です